セックスムード

セックス嫌いな彼女の心をほぐす

普段は仲が良いのに、セックスでは彼女が消極的で悩んでいるあなた。
「どうしてセックスが嫌いなんだ?」と、彼女に原因があると思っていませんか?
実は原因はあなたにあるのかもしれません。

 

セックスのムード作り

 

心と体は繋がっています。
特に女性は、ムードや男性の言葉と態度によって体の反応がかなり変わります。
セックスだけを別にせず、彼女との仲をトータルで考えましょう。

 

以前と比べ、日本人男性はスマートで褒め上手になりました。
それでもまだ昔の名残りがあるのか、良いと思った事を素直に口に出すのが苦手な人が多いです。
昔は人前では謙遜して妻を「うちのバカが…」「愚妻が…」と言うものでしたが、この考え方が根底に残っているのかもしれません。

 

自分は違うと思った人も、髪を切った彼女が感想を求めて来た時を思い出してみて下さい。
内心可愛いと感動しているのに素直に言えず口ごもったり、そっけない反応になっていませんか?
「似合ってる」「前よりもっと可愛くなった」と言うべきです。

 

また、恋人同士になって何でも話せる仲になると、つい気が緩んでしまいます。
「最近また太ったんじゃない?」なんて、彼女の気にしているかもしれない事をズバズバ平気でイジッてませんか?
彼女は「そうかな?」と気にしないふりをしていても、実は傷ついているかもしれません。

 

心の中で何を考えていても、表現しないと相手には伝わりません。
彼女が大好きでも、表現しなければ「私を認めてくれない」「反応が薄くてそっけない」「デリカシーが無い」と思われてしまいます。

 

普段のあなたの言動や態度が彼女の体を固くしているのかもしれません。
普段から彼女の良い所をたくさん褒め、気分を盛り上げる事の積み重ねで体が開いて行くでしょう。

環境も大事です。

付き合ったばかり、特に初めてセックスする前はきっとムードを大切にしていたでしょう。
雰囲気の良いレストランに連れて行ったり、彼女の好きなドライブコースで気分が盛り上がる音楽をかけたり、趣向を凝らしていたはず。

 

しかし恋人同士になって月日を重ねるうち、段々気が緩んでしまいます。
彼女の前で平気でオナラしたり、寝転がってテレビを見たり、だらしない格好でラーメンを食べたり…。

 

ありのままの姿を見せ、自然体でいるのは良い事です。
でもムードがない環境だと女性はセックスしたくならないので、それなりのムード作りは欠かせません。

 

セックスのムード作り

 

最後に1番大事なセックスの実践においてですが、多くの男性がAVを見本にするという間違いを犯しています。
AVは基本的に、男性の「こうしたい」「ああしたい」「こんな反応して欲しい」という願望の集まりです。
全ての女性がAVの様な事をされてAV女優の様に喜ぶと思ったら大間違いです。

 

もしかしたら、あなたのセックスはとても勝手で一方的かもしれません。
それなのに「何で喜ばないんだろう? 不感症かな?」なんて勘違いをしていたら、もっと最低です。
間違った知識のままだと、あなたが頑張れば頑張るほど彼女は心の中でシラケているかもしれません。
愛し方を根本的に見直しましょう。

 

もう1度まとめておきます。

●女性の心と体は密接に繋がっていて、たくさん言葉で褒められれば気分が上がり、体もほどけて行く。
●あまりにもムードに欠ける環境ではセックスしたくならない。
●AVは幻想で、女性の心と体はとてもデリケートなので尊重して大事に扱う。

 

これらはあくまでも1つの見解で、全ての淡泊女子に当てはまる訳ではありません。
少しでもカップルのライフスタイルを見直す材料になれば嬉しいです。

マンネリを防ぐセックス前のムード

マンネリを防ぐにはセックス前の雰囲気作りが大事です。
闇雲にセックスを始めてはムードも何もありません。

 

いつもと同じセックスなのに、何故か消化不良で終わってしまう時ってありますよね。
これも始める前のムード作りが原因だったのかもしれません。

 

○女性が彼とのセックスを盛り上げる為にムード作りで大切にしている事

「電気を消して置き型ランプを点けたり、アロマを炊くのが効果的です。
いつもと違う雰囲気と香りで、彼も『お?』と意識します」

 

部屋をロマンチックなムードにする方法です。
いつもと違う雰囲気をアピールしたいなら、まず部屋の模様替えから始めてみて下さい。

 

「いきなりキスをせず、彼の頭を撫でたり手を握ったりして2人の呼吸を合わせます。
じっと見つめたり、唇ギリギリで止めてじらすのも手です」

 

前戯前のやり取りは大切。
むしろ、前戯よりもこうしたやり取りの方が彼の性欲をかき立てるかもしれません。

更新履歴


このページの先頭へ戻る